不倫妻がその不倫によって離婚することになったとしても、何故か親権は母親優先なんですよね。これが不思議なところだと思う男性は多いのではないでしょうか。

浮気をしても、暴言をはいても、母親は親権をもらえるということに多くの人が疑問を持っていると思います。実際に「母性優先の原則」について。乳幼児であれば、たとえ妻が暴言を浴びせていても親権を取り養育できる可能性があるという裁判所の考え方に批判的な意見を持っている人も多いのではないでしょうか。

裁判所では『母性優先の原則』を重視しているとはいえないといわれていますが、それでも圧倒的に女性の方が親権獲得には有利なんですよね。

大事なのはむやみに子の環境を変えるべきではないという『監護の継続性・主たる養育者優先の原則』ということみたいですね。

つまり現状がどのような状況なのかによって父親が親権を獲得できる可能性もありますが、浮気だけでは簡単に親権をとることができないということです。

親が監護・養育の中心を担っており、夫婦が別居する際には子どもは母親についていくケースが多いので、そうなると『むやみに子どもの環境を変えるべきではない』ということで母親優先ということにあるみたいです。

まあ、子どもの幸せは簡単に判断できないですが、この理論だと妻が働いていて、夫が家事をすべてやっているようなケースだと、夫に親権がいく可能性が高くなるということなんでしょうかね?

親権は難しいです。ワキガ