不倫交際してばれて問題になるというのは一般人はもちろんですが、芸能人のゲス不倫というのもの大きな問題になっていますよね。やはり不倫は石田純一のいうとおりに日本の文化になりつつありますね。

そんな不倫の中でも偶者にバレないまま、10年以上不倫関係を続けたという実力者も少なくないです。

10年間も不倫をしていた配偶者とその相手に対して「高額慰謝料を請求したい」と思うのは当然のことだと思います。やはり長期間裏切っていたということなので高額慰謝料を請求したいと思うのは当然のことです。

最近で多いのは、妻の場合だと相手は子どもの習い事の先生というケースです。こういった習い事の先生という場合だと子ども関係で長期間関係が続くことも珍しくは無いです。

一般的に、不倫を原因として慰謝料をパートナーに請求する場合、不倫期間の長さが金額に影響することはあるのでしょうか?

実際に実例では不倫期間の長さが慰謝料額には相当影響することになります。

実際に裁判例を見ても,不貞の期間が1〜3か月程度であると、判決の中に「交際期間が短期間」、不貞の期間が1年を超えてくると「長期間」と記載されているものがあり裁判所も不貞の期間を考慮していることがわかります。

不貞期間が長期間になってくると不貞の慰謝料の中では高い方の金額になる可能性が高いと思います。妊娠する方法